現役ヨガインストラクター講座

IMG_1577

【NEW!】人気講師が秘訣を伝授!「全てをアーサナに結び付けた誘導法」

2017年7月10日(月)、17日(月)10:00-16:00 ※内ランチタイム各1時間

場所:ヨガスクールシャンティスリー
埼玉県草加市谷塚1-1-14 第一並木ビル3F
東武スカイツリー線「谷塚」徒歩1分(1Fがオリジン弁当さんです)

講師:松本裕子

対象:現役ヨガインストラクター

料金:10時間 15,600円(税込)  ※2日間南インドベジランチ付き(不要な方は600円引き)

申込み方法:申込フォーム にて、お名前と7月ヨガインストラクター講座受講希望の旨お知らせください。折り返しご連絡申し上げます。

👆講座テーマ①「体の動かし方を意識的に行うこと、関節の可動域について」を学んでいるところ。体の動かし方の基本。生徒さんにもこの感覚でアーサナをするよう指導する。

 

👆講座テーマ②「全てをアーサナに結び付けてアーサナをする」プラーナ・チャクラ・バンダ・インナーマッスル・関節・内臓・内分泌・哲学、全てはアーサナに結び付けられる。写真は現役インストラクターのBefore/After です。結び付きの有無でアーサナが変わる。(髪型が違いますが同一人物です)

 

👆講座テーマ③「柔軟でアーサナをとるのではなく、関節、バンダ、拮抗の意識でアーサナをとる」左がBefore、右がAfterです。一見左の方が良さそうに見えますが、右はより一層研ぎ澄まされて、まるで美しい心がアーサナに表れているかのようです。座学で学んで、こうして実際に実践をして理解をしていく講座です。

その他、2日間で合計10時間、ときめきがいっぱいの内容となっています。今更聞けないことも、初めまして同士ですから気軽にシェアしましょう。みんなの学びの場になりますように。

皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。

 

講師よりメッセージ*

多くのインストラクターさんが良いクラスをしたいと願って色々なことを勉強されていて、でもそれがアーサナに結び付いていないままだということに、それでいいわけがないと思い今回の講座を企画させていただきました。

ヨガをしに来る生徒さんのほとんどがアーサナをしにスタジオに来ます。

人はいつも考え事ばかりをして頭の中をパンパンにさせていることは、わたしたちヨガインストラクターも承知の事実ですね。そして何かに没頭して忘れたい、それがヨガ(アーサナ)でできると願って生徒さんはスタジオに足を運んでおられるのではないでしょうか。昨今の瞑想ブームも頷けます。

わたしたちはその願いを叶えて差し上げる存在になったらいいと思うのです。その際必要なアイテムがアーサナに結び付いた様々な知識です。プラーナ・チャクラ・バンダ・インナーマッスル・関節・内臓・内分泌・哲学、全てをアーサナに結び付けた誘導法が生徒さんを自然な流れで没頭へと導きます。

「あなたのレッスンは変わっている。でもどうして変わっているレッスンに予約が取れないほど人が来るんだろう。」と、度々生徒さんに言われてきました。「なぜわたしのクラスが変わっていると感じるのか」「なぜ人が集まってくださるのか」それを追及して分かったことがそういった誘導法をしているということでした。

例えば、ヨガの目的は皆さんもご存知の「ヨーガ・チッタ・ブリッティ・ニローダハ」や「ナーディの浄化」ですね。それをアーサナで実践できるよう誘導しています。すると「集中」が湧き、頭が鎮まります。

ポイントは「頭を空っぽにしましょう」という誘導ではなく「置き換える」ことです。考え事が湧く余地を与えないよう誘導して差し上げるといいのです。それが関節の意識だったり、バンダの意識だったりします。生徒さんの中にはこういった知識を求めている人も少なくありません。

そんな「没頭」をもたらし「知識」を満たして差し上げられる誘導法をシェアできたらと、今回の講座を企画させていただきました。皆さんが既に学んだことをアーサナに結び付けにいらっしゃいませんか。ヨガに対する目線が変わることと思います。求めていることが手に入らない人にもオススメです。


講師:松本 裕子 (Yuko Matsumoto)

ヨガスクールシャンティスリーリードトレーナー
全米ヨガアライアンス E-RYT200
ヨガ歴17年  講師歴12年

国内外にてアーサナ・ヨガ哲学などのトレーニングを積み、2005年から講師として活動を始める。海外では当たり前に行われていた解剖学や哲学を取り入れたクラスを行うことに各方面で評価を得て、週20本以上のクラスやインストラクター養成を担当する。その後独立。ヨガと体のメンテナンスや哲学を学ぶサロンをオープンし、予約が取れないほどの人気サロンとなるが、人気絶頂の折、奇しくも止むを得ない事情により店を閉める。多くを失ったものの、生涯の師に出会い、現在もヨガの学びを深めている。

お申し込みはこちらから

YOGA SCHOOL Shanti3